【武井壮】究極の疲労回復の速め方【応用可能】

relaxing-cat 武井壮研究所

 10種競技を大学3年で始め、わずか2年間で日本選手権を優勝した武井壮さん。なんと彼はウェイトトレーニングを毎日行うらしい。ハードなトレーニングを支えた体の回復力の裏には地道な努力があった。この記事では、その努力応用方法を伝えます。

身の回りの環境をすべて記録した

  1日に6回ほど、身の回りや摂取したものの情報をすべて記録した。そして、その中で快適に過ごせたり、体が癒されると思う条件を調べ上げたようだ。

 調べた項目は以下のようなものである。

  • 温度、湿度
  • 天気、気圧、風向き
  • 食べもの、飲み物
  • 寝具、衣類

 この継続によるデータのおかげで、自分の周りの環境を快適にし、調子をよくしたり、回復を早めている。

何事にも応用可能

 アスリートやスポーツを本気でやっている方は、回復を早めることに大きな価値を見出すだろう。そして、実践できるかもしれない。しかし、回復を早めるために、ここまでの努力を毎日できる人はあまりいないだろう。

 しかし、この方法を使えば何だって成功できると思いませんか?

 世の中で成功するためには答えのないものに「答え」を見つける必要がありますよね。「どちらの言葉の方が多くの人に届くだろうか」とか「どちらの商品の方がお客さんが満足するだろうか」などなど。こういうことを学んでいくときの手段として、その時の社会情勢とか、季節、人気のものなど、色々なものを調べ上げれば、「答え」に近づけるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました