【有料級】武井壮の自分の体を思い通りに動かすための方法は?【運動理論】

body-control 武井壮研究所

 あるYoutube配信中に「自分の思った通りに体を動かす練習方法を教えてください」という質問をされた武井壮さん。その際の一連の返答をまとめます。

武井壮さんに興味がある方にはこちらもおすすめ

体を思った通りに動かすという練習があるわけではない

 武井さん曰く、練習をして思った通りに動かせるようになっても、それは反復によってずれの幅が減っただけであり、体を思い通りに動かせるようになったわけではない。

 ある動きに対してのみ反復練習をするのは、その動きの上達があるだけで、体を思い通りに動かす能力が高くなったわけではない、ということだろう。

ヒント1 体を思った場所に配置する

  自分の体を見ないor見えていない状況で、見えていないパーツを思った場所に配置する能力が、人間のフォームを作るうえで一番大事だという。

 武井さんは、この「思った通りに自分の体をある形にすること」をフィギュアリングと呼んでいる。

フィギュアリングのフィギュアとは、フィギュアスケートなどと同じで、形、形状などの意味を持つ英語のことです。

ヒント2 まず垂直、水平を極める。

 まずは、垂直方向と水平方向、そしてその中間の感覚を極めることが基本であるという。

それをすることで、上下左右とその間の8方位の感覚がわかる。そこから、だんだんと細分化できるようになっていき、体を思い通りに動かせるようになっていくという。

 体の制御に関して、「これ以上は2000円(のスーパーチャット)では話せない」という。

最後に

 体がコントロールできるようになったら、あとはエネルギーの問題。

「そのフォームで、どのパーツにどんな力を加えて、どんなエネルギーを放出するか」を学ぶ必要があり、すなわち物理学を学ぶ必要があるという。

 これは時間のかかる勉強であり、武井さんは小学校5年生、約40年やっているそうです。

 

 実は簡単にできる方法はあるが、他人にはあんまり喋らないようにしているらしいです。追加情報があれば、また記事にして皆さんに提供します。

 因みに上のの内容は、こちらのYoutube動画から見ることができます。

武井壮の魔法の動きを無料で教えられるギリギリまでの範囲まで解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました