武井壮「トレーニングは7秒でやれ」アスリート必見の運動理論を解説

武井壮研究所

 大学時代、十種競技を最短で日本制覇した武井壮。彼の考え方トレーニング理論には、常識にとらわれない画期的なものがあるが、この主張も同様だ。

 なんと「7秒あれば、体を鍛えられる」というだのだ。

 元の動画では語っていなかったが私が思う注意点として、

  • 7秒の前にしっかりとウォーミングアップをする
  • 技術練習ではなく、肉体トレーニングの話

の2点にご留意いただきたい。

 では、さっそく。

人間の体は30秒で十分壊れる

 まずは30秒を目指す。人間の体は30秒で十分壊れるから。  

例えば、重いものを30秒間片手で上げ下げしたら、次の日はもう筋肉パンパン

  短くて、強度の高いものをやるとよい。

7秒を目指せ

 30秒もいらず、強度を上げれば7秒で鍛えることができる。

40メートルとか50メートルを6割くらいでダッシュを1日一本というところからスタート。

軽い上り坂でやれば、スピードを抑えられて、膝への負担も減るので良い。

 9割くらい出せるようになるといいだろう。

メリット

強度を極限まで上げられる。

 長時間やることを想定すると、運動強度が低くなってしまう。

 すると、心配能力の向上は見込めるが、力は大きくならない

怪我のリスクが減る

  トレーニング時間を短くすることで、関節への負担が減ったり、慢性疲労が溜まりづらくなる。

だから、怪我のリスクが減り、より長期間、運動を楽しめるようになる。

強い体で楽しい人生

 武井さん曰く、強い体は楽しい

速く動けるから先について楽しいことができるし、疲れないから他の人にご機嫌でいられる。

またスポーツをやっている人は、そこでの成功に近づけば楽しいだろう。

元の動画はこちら(音声のみです)

武井壮☆身体を鍛えたいなら断然っ短時間練習法がおススメ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました