【ひろゆき語る】Youtube動画の切り抜きは著作権的にOK?

ひろゆき研究所

 どーも、リョータです。

今や破竹の勢いでYoutubeを乗っ取ろうとしている「ひろゆき切り抜き動画」。

これらの動画を見て、「面白いな」と思う反面、「著作権的に大丈夫なの?」と思った方も多いのではないでしょうか。

 この記事では、「Youtubeの著作権の制度」と「ひろゆきさんの場合」について解説します。

  • Youtubeの著作権について気になる!
  • コンテンツIdについて知りたい!
  • 切り抜き始めようかな!

という人は見てみてください。

著作権的にOK?収益化できる?

 Youtuberさんの許可をしっかりとらないと様々なトラブルに陥る可能性があります。

しっかりルールを知っておきましょう。

著作者の許可があれば収益化可能

 まず結論から言いますと、許可をしている人の場合はOKです。

「誰でもOK」なのか、「認可制」なのかはYoutuberによって異なりますので、きちんと調べてから行うようにしましょう。

 また、許可を得たとしても、本人の意図しない形で編集したり、販売などの商用利用をすることは厳禁です。絶対に行わないようにしましょう。

許可していない人の場合

 許可をしていないYoutuberの場合、切り抜き動画を作成することは違法行為です。

また、黙認されている場合でも、著作者側は、

  • その動画の利益をすべてもらう
  • Youtubeに著作権侵害の申し立て
  • 著作権違反で訴える

といった対応をすることができます。

認可制のYoutuberの例と収益分配

 認可制のYoutuberについては、許可をもらえば、収益化できます。しかし、許可の取り方や、収益の分配について、人によって異なるので、きちんと調べてから行いましょう。

 有名どころ3人の許可の仕方と収益の分配について調べてみました。

  • ひろゆき(収益化する際に連絡、50%)
  • DaiGo(Dラボ会員のみ可能、会社と契約し、比率を決める)
  • 武井壮(黙認、50%)

という感じでした。

Youtuberのcontent Idという仕組み

  Youtubeには著作者の権利を守るためのcontent Id(コンテンツID)という仕組みがあります。

この章ではContent Idについて簡単に解説します。

content Idとは

 Youtubeにアップロードされた動画は、著作権者が申請を行うとContent Idを持ちます。

このContent Idを使って、Youtubeはコピー動画を検出します。

 検出されたコピー動画についての権利はContent Idを持つ、元動画の著作者が持ちます。

 ですので、その二次創作的な動画に関して著作権者が何でもできる状態になります。

ひろゆきはコンテンツId取得してる?

 ひろゆきさんも自身の動画にコンテンツIdを申請しております。

「ひげおやじ」という方が管理していますので、権利上ひげおやじさんが、切り抜き動画に関しての全ての権限を所有しています。

ひろゆきさんは「ひげおやじさんがなんかぼろ儲けしてるんじゃないかなと思うんですけど(笑)」と言っていますが、大丈夫です。次の章で説明します。

 発言は、下の動画の2:55秒から見ることができます。

【衝撃】ひろゆき切り抜きについて。許可を取るには?めちゃ稼いでる?伸ばすコツは?裏側を暴露【切り抜き/論破】

切り抜き動画は消さないよ

 ひろゆきさんの場合、管理者である「ひげおやじ」さんが許可を出しています。

切り抜き動画は誰でも作ってOKであって、「動画を消すとかっていうことはしない」と言っております。

 しかし、収益化をする段階に至った場合は一度話そうという流れになっております。

発言は、こちらの動画から見られます。

ひろゆき切り抜きはじめれば⁉️【著作権フリー素材ひろゆき切り抜きで収益化】Byひげおやじ

まとめ

 今回の記事では、切り抜きの著作権YoutubeのコンテンツIdの仕組みひろゆきさんの管理体制について、まとめてみました。

 ざっくり振り返ると、

  • 許可があれば、収益化可能
  • 許可がない場合は、違法
  • ひろゆきは切り抜き可、収益化時に連絡

という感じでした。

 最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました