ひろゆきがオススメするスマホでできる面白いゲーム5選

mobile-game ひろゆき研究所

ひろゆきさんはいわずと知れたゲーム好きで、スマホゲームもPCゲームも楽しんでいます。

今回はそんなひろゆきさんがオススメするスマホゲーム5選を紹介します!

・「スマホでできる面白いゲームを探している」
・「ひろゆきのオススメするスマホゲームをやりたい」

という方におすすめの記事です。ゲームの概要面白いポイントも紹介していくのでぜひご覧ください。

ひろゆきの好きなスマホゲーム1:クラッシュロワイヤル

クラッシュロワイヤルは、ひろゆきさんもかなりやっている有名なスマホゲームです。

通称はクラロワで、ゲームの概要は「キャラクターをうまく配置して、城を落とし合うゲーム」です。

RTS(リアルタイムストラテジー)という種類で、時々刻々と状況が変化していくのが特徴です。

1バトル3分間の高度な頭脳戦を楽しみたい方は、ぜひやってみてください。

アンドロイド版クラッシュロワイヤル

ios版クラッシュロワイヤル

ひろゆきの好きなスマホゲーム2:ダンジョンメーカー

ダンジョンメーカーは、ひろゆきさんが一時期ハマっていたスマホゲームです。

ゲームの概要は、「ダンジョンに罠やモンスターを配置して、やってくる勇者を撃退する」というゲームです。

「ダンジョンキーパー」や「勇者のくせに生意気だ」と同じようなシュミレーションゲームです。

キャラ同士の相性やレベルを考慮しながら、効率的な配置を考えていくが醍醐味です。

アンドロイド版ダンジョンメーカー

ios版ダンジョンメーカー

ひろゆきの好きなスマホゲーム3:ドラゴンクエストタクト

ドラゴンクエストタクトは、ひろゆきさんがソシャゲですがやっているスマホゲームです。

キャラを育成して、敵と戦うという一般的なシュミレーションゲームのドラクエ版です。

ひろゆきさん曰く、以下のような良いところがあります。

  • そんなに難しくない
  • 無課金で出来る
  • スタートダッシュがしやすい

無課金で始めて3日目なのに、使っているキャラクターが全てSランクなことを自慢していました。

アンドロイド版ドラゴンクエストタクト

ios版ドラゴンクエストタクト

ひろゆきの好きなスマホゲーム4:タップタイタン

ひろゆきさんが2シリーズにわたってハマっていたスマホのゲームがタップタイタンです。

タップタイタンは、「迫りくる巨人をタップによって撃退するゲーム」であり、RPG要素もあります。

操作はタップだけでして戦略性はあまり高くないですが、色々な要素があって中毒性が非常に高いです。

ひろゆきさんはやりこんでいたときは、電車の中でも会議中でもやっていたと言っています。

アンドロイド版タップタイタン

ios版タップタイタン

ひろゆきの好きなスマホゲーム5:クッキークリッカー

ひろゆきさんが意外にもハマっていたスマホゲームが、クッキークリッカーです。

クッキークリッカーは、シンプルなゲームで「クッキーが増えていくのを楽しむゲーム」です。

一昔前に流行った暇つぶしのクリッカーゲームで、操作はいたって簡単でクリックするだけです。

頭を使いたくない疲れているときなどにボーとやってみてはいかがでしょうか。

アンドロイド版クッキークリッカー

ios版クッキークリッカー

ひろゆきがオススメしないゲーム

ひろゆきさんがオススメするゲーム5選を紹介しましたが、逆にオススメしないゲームはどんなゲームなのでしょうか。

ひろゆきさんは「課金して連打するだけのゲーム」はオススメしないと言っています。

逆にお金の力に頼らずに、攻略サイトを見たり、効率的な方法を考えたりすることは良いことだと言います。

キーポイントは、「頭を使うか使わないか」ですね。RTSやFPSなどのゲームには認知機能や記憶力を高めるなどの効果がありますしね。

リョータ
リョータ

RTSはリアルタイムストラテジーの略で、時々刻々と状況が変わっていくゲームです。FPSは一人称視点でのシューティングゲームです。

ひろゆき「ソシャゲはブランド商売」

ソシャゲとは、ソーシャルゲームの略で、SNSを利用して人との関わりの中で楽しんでいくゲームです。

こうしたゲームを作っている企業が広告に大金を払っているのは、世間で流行っているというブランドを得るためなんです。

有名で人気のあるゲームでなければ、やり込んだり、課金をしたりする人はいないでしょう。

ですので、人気だからといってゲーム自体が面白いとは限らないのです。

【ひろゆき】そのゲーム強くて何か意味あるんすか?モンストやパズドラなどのソシャゲやってる人は頭が悪いことをしていると自覚してくださいとひろゆきが話す【切り抜き/論破】

コメント

タイトルとURLをコピーしました