武井壮の「オトナの育て方」での話が凄まじい【要約&感想】

teacher 武井壮研究所

武井壮さんの「オトナの育て方」という動画が、本人のYoutubeチャンネルで見られるのですが、とても内容が濃くて有益です

動画自体を見ていただいても良いのですが、30分近くありまして少々長いです

この記事では、要約した内容をお伝えします。また、全文の書き起こし感想も一緒に書いていきます。

武井壮の 『オトナの育て方』
出典:武井壮百獣の王国

武井壮の「オトナの育て方」の要約

武井壮さんの「オトナの育て方」の講義を、3つのポイントに分けて解説していきます。

ポイント1:スポーツを極めることはギャンブルだ

武井壮さんは、スポーツを極めることは、自分の持っている運動能力の円を、特定の分野にとんがらせることと考えています。

つまり、あるスポーツを極めても、総合的な能力自体は変わっていなく、他のスポーツでは素人になってしまうのです。

ですので、大学まで必死にスポーツに打ち込んでも、その分野で成功できなければ、スポーツでお金を稼ぐことは出来ません。

これが、武井壮さんが、「スポーツを極めることはギャンブルだ」と語る理由なのです。

リョータ
リョータ

受験を例にすると、「教科書の理解を深さ」が円の大きさで、「テクニックを磨くこと」が円をとがらせることでしょう。

円をとがらせれば、特定の学校には合格しやすくなりますが、他の学校には通用しません。

ポイント2:独自のスポーツ理論

小学生の武井壮さんは、不意に「毎打席ホームラン打ちたいのに、打てない」と思いました。

その理由を色々な人に聞いて回ったのですが、誰も答えられませんでした。

「じゃあホームランを打つのは偶然なの?そんな偶然に十年もかけるの?」

しかし、お父さん持ってきたビデオカメラがキッカケでその答えが分かります。

自分の投球フォームを見たら、思っていたフォームと全然違ったのです。つまり、目に見えてないところは思った通りに動かせていない、これが原因だったのです。

ですので、まずは体を思った通りに動かせる能力を身に着けることから始めました。

リョータ
リョータ

体を思い通りに動かせる能力を鍛えることが、まさに運動能力の円を大きくする行為ですよね。

特定の競技に円をとがらせる前に、万能な能力を鍛えたのです。

ポイント3:物事の価値を生むのは、質ではなく求める人の数

武井壮さんは自身の身体能力はかなり高いと自負しています。特定の競技に特化すれば、日本1を取ることも出来ます。

しかし、陸上十種競技で日本1になってもお金は稼げませんでした。

それは、求めている人の数が少なかったからです。陸上競技では、トップ選手でも一人当たり20人の観客を集めることすら出来なかったのです。

武井壮さんは若くして、「物事の価値を生むのは人が求める数だ」と達観するのです。

武井壮の「オトナの育て方」を見た感想

武井壮さんの「オトナの育て方」を見て、改めて武井壮さんの問題を見つけ、答えを出す能力は凄まじいと感じました。

普通の人は、「なぜ毎打席ホームランが打てないのか?」なんていう疑問を抱けないですよ。

それに対して、「体を思い通りに動かせていないからだ」と答えを出し、その能力を身に着けるために努力する。

このように「問題提起→答えを見つけ出す→努力する」を人よりも多く、高い精度で行えるのが、成功の秘訣なのではないかと思いました。

武井壮とは

今回の「オトナの学校」の講師を務めた武井壮さんは、元陸上競技者のテレビタレントです。

陸上十種競技を2年間で日本制覇し、のちに芸能界へ登り詰めた努力の天才です。

武井壮さんの物事を達観した見方や、努力の質と量は、他の人のそれらをはるかに上回ります。

現在はYoutubeでも活躍しながら、日本フェンシング協会の会長も務めています。

『オトナの育て方』出演の裏話

武井壮さんは、もともと講演会のようなものを全て断っていたと言います。

その理由は、講演会では一日の時間を使っても、3000人くらいにしか声を届けられないからです。

地方の講演に赴いて時間を使うなら、東京で3本のテレビ番組を収録した方が、よりたくさんの人に見てもらえます

しかし、この講演会はテレビに流れることとプロデューサーと縁があったので、出演を承諾したそうです。

参考動画:【武井壮】オトナの育て方 裏話【ライブ】【切り抜き】

【武井壮】オトナの育て方 裏話【ライブ】【切り抜き】

コメント

タイトルとURLをコピーしました